女性が便秘になりやすい原因とは?

ここでは、女性が便秘になりすい原因についてくわしく紹介しています。

なぜ女性が便秘になりやすいのか?

男性に比べて、女性はとても便秘になりやすいといわれています。

ある食品メーカーの調査によると、日本女性の実に2人に1人が便秘に悩まされているということです。それでは、なぜ女性にだけ便秘という症状が起こりやすいのでしょうか?

原因その1 女性ホルモンが影響している

女性の体の中には、生理終了する後から排卵までに分泌される「卵胞ホルモン」と、排卵した後から次の生理までに多く分泌される「黄体ホルモン」と呼ばれる2種類の女性ホルモンがあります。

基本的に「黄体ホルモン」は妊娠の準備へと調整するためのホルモンで、子宮の内膜を整えたり、食欲を湧き起こさせたりといった働きをしてくれます。

実は便秘には「黄体ホルモン」が密接に関係してくるのです。

「黄体ホルモン」が妊娠中に多量に分泌されると、体内の水分を大腸などの器官に吸収するように指示を出します。そのため、本来便に分配されるはずの水分が不足してしまい、結果的に便が硬くなり体の外に排出されにくくなってしまうのです。

また、便を肛門へと運搬するための腸のぜん動運動を減少させてしまうため、便が排出されなくなってしまうともいわれています。

理由その2 筋力不足

一般的に、女性は男性よりも筋力が弱いといわれています。

その影響で胃下垂にもなりやすく、腸が下垂による圧迫されるため、便秘になりやすいのです。また、運動不足もあまり便秘によくありません。

腸の運動は筋力が弱くなると鈍くなってしまい、さらに腹筋が筋力がなくなると便を押し出す力も弱くなってしまうのです。

そうなると、便秘だけではなく痔などの症状も出やすくなるので、十分に注意しましょう。

理由その3 トイレを我慢してしまう

女性の多くは、便意を自覚しても「大きい方をしていることを知られたくない」という羞恥心が勝ってしまい、ついついトイレを我慢しがちです。

しかし、この我慢がやっかいな便秘を引き起こしてしまうのです。あまりにも頻繁に便意を我慢していると、腸や肛門の働きが鈍くなってしまうために、便意自体を感じなくなってしまうのです。

そうすうと、当然腸には便が蓄積されてしまうので、便秘を引き起こしやすくなってしまいます。「トイレを我慢する=便秘になる」と覚えておきましょう。

理由その4 ストレス

女性は、結婚、仕事、恋愛などといったさまざまなストレスに敏感です。

このストレスは自律神経に影響を与えることが知られており、この神経が影響を受けてしまうと、便を肛門へと運ぶ働きをしているぜん動運動がうまくいかなる場合があります。そうすると、便秘になりやすくなってしまうのです。

合わせてよく読まれている記事

便秘に即効アイテムBEST3

竹乃力
第1位
商品ジャンル:サプリメント
初回購入価格:1,000円
続けやすさ:★★★
特選養麗健茶
第2位
商品ジャンル:お茶
初回購入価格:1,220円
続けやすさ:★★☆
ラブレ
第3位
商品ジャンル:乳酸菌飲料
初回購入価格:1,225円
続けやすさ:★★☆
コンテンツ一覧
▲PAGETOP