オリゴ糖

便秘に即効性のある「オリゴ糖」の詳細、主な菌の種類、歴史などについて説明しています。

余分なコレステロールなどを排出してくれる「オリゴ糖」

糖質の一種であるオリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの「単糖」が繋がることにより、構成されています。腸内で善玉菌のエサとなり、それを増やす働きがあるため、腸内環境を整える効果があるのです。
オリゴ糖の中には、消化・吸収されてエネルギー源になる成分とならない成分があります。ならない成分は消化されずに腸に達し、腸内に存在する善玉菌「ビフィズス菌」のエサになって分解されます。それにより、乳酸などの有機酸で腸が刺激されて蠕動運動が活発化するため、便秘が予防・解消されるのです。

そのほかオリゴ糖は、血糖値や中性脂肪を上げにくくしたり、悪玉コレステロールの低下、消化管内で食べ物の脂肪や脂溶性ビタミンの吸収を促す働きがある「胆汁酸」の排泄などをしてくれる働きがあります。そのため、多くの健康食品に配合され、その有効性からオリゴ糖配合商品の特定保健用食品としても認められています。

またこの成分は、糖質であるにも関わらず、虫歯の原因になりにくい糖質として注目されています。ちなみに虫歯は、原因菌であるミュータンスが糖質を栄養分として酸を出し、歯の表面を溶かすことで起こります。しかしオリゴ糖の場合は、糖質でありながらミュータンスが栄養分に出来ない成分なので、お菓子や健康食品などでよく使用されているのです。

オリゴ糖は食べ物でも摂取できる

オリゴ糖はごぼう、ニンニク、玉ネギ、ネギ、キャベツ、アスパラガス、ジャガイモ、麦類、トウモロコシ、ハチミツ、バナナ、牛乳、味噌、醤油、大豆などの食べ物でも摂取する事が可能です。便秘の場合、サプリを飲むと効果的ですが、日常生活でも食事や水分を摂るなど意識をしたほうが良いでしょう。

主な菌の種類
整腸作用のあるオリゴ糖を紹介しています。

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖

歴史
今からおよそ100年前のこと。かつてフランスのルイ・パスツール研究所では、食品の腐敗や腸内細菌などの研究が盛んに行われていました。小児科医をしていたティシエという人物は1899年、健康な母乳栄養児の糞便から大腸菌とは全く異なる性質を持つ、ビフィズス菌を発見したのです。これにより、ビフィズス菌の特性や増殖に関する研究が同時に進められました。
その結果、ビフィズス菌の増殖因子が母乳に含まれる、オリゴ糖であることが判明。のちに多くの研究で様々な種類のオリゴ糖が特定されたのです。

関連する記事

便秘に即効アイテムBEST3

竹乃力
第1位
商品ジャンル:サプリメント
初回購入価格:1,000円
続けやすさ:★★★
特選養麗健茶
第2位
商品ジャンル:お茶
初回購入価格:1,220円
続けやすさ:★★☆
ラブレ
第3位
商品ジャンル:乳酸菌飲料
初回購入価格:1,225円
続けやすさ:★★☆
コンテンツ一覧
▲PAGETOP