乳酸菌

 このページでは、便秘に効果があるといわれる「乳酸菌」について説明しています。

便秘解消の王道「乳酸菌」

乳酸菌は、ヨーグルトやサプリの他、味噌やチーズなどの発酵食品に多く含まれています。さまざまな形で市販されていてその種類は非常に多く、また新商品も続々と登場するなど人気は不動のものと言っていいでしょう。

乳酸菌の代表的なものといえばビフィズス菌が知られていますが、それ以外にもコッカス菌やガセリ菌などたくさんの種類があります。これらの乳酸菌は、体内でブドウ糖などの糖分を分解して乳酸を作ります。この乳酸が腸内に増えることによって悪玉菌が住みにくい環境になり、代わりに善玉菌が増えてきます。それと同時に、腸の運動を活発にする働きをもっていることから便の排出を促し便秘の解消へと導いてくれます。

乳酸菌を摂る際に注意しなければいけないことは、体内に取り込むだけではいけないということです。乳酸菌が腸に届くまでには、胃という試練が待ち構えています。強い酸性をもつ胃酸で死滅することなく腸まで届いてくれる乳酸菌を選ぶ必要があります。最近では「生きて腸まで届く」といったうたい文句のヨーグルトなども出てきて、認知度も高まってきました。プロバイオティクス乳酸菌やLG21など新しい商品開発も行われていますので、購入するときは確認した方がいいでしょう。

実は腸の中にはもともと乳酸菌が住んでいますが、それだけでは不足しているために外から食品やサプリとして取り込む必要があります。ただ、外から取り込んだ乳酸菌は腸内に長く留まることができません。ですから、乳酸菌は毎日摂ることが望ましいといわれています。

それ以外の乳酸菌の効果

乳酸菌が腸内に増えると悪玉菌が減少し、腸内の環境がよくなります。腸の働きがよくなると免疫力が高まり、にきびや吹き出物などの肌トラブルも改善するなど体調がよくなるといわれています。また乳酸菌が増えて腸内が酸性になると体の免疫力がアップし、ガンの予防効果や再発防止効果が高まることがわかっています。

主な菌の種類

ビフィズス菌、ヤクルト菌、LG21、コッカス菌、L29乳酸菌、L92乳酸菌、クレモリス菌、植物性乳酸菌(ラブレ菌など)

歴史

乳酸菌といえばヨーグルトが有名ですが、古くは7千年前から東ヨーロッパや中央アジアなどの遊牧民が家畜のミルクを発酵させて食べていたといわれています。生乳より腐りにくいタンパク質源としていたといいます。その後、今からおよそ100年前に微生物学の祖であるパスツールが乳酸酵母を発見しました。この後、ヨーグルトを毎日食べているブルガリアの人たちを研究したメチニコフが、ヨーグルトを食べることで長生きするという不老長寿説を唱えました。

長寿の国ブルガリアで昔から食べられているブルガリアヨーグルトに含まれているのは、現在も種菌として知られるブルガリア菌サーモフィラス菌です。

関連する記事

便秘に即効アイテムBEST3

竹乃力
第1位
商品ジャンル:サプリメント
初回購入価格:1,000円
続けやすさ:★★★
特選養麗健茶
第2位
商品ジャンル:お茶
初回購入価格:1,220円
続けやすさ:★★☆
ラブレ
第3位
商品ジャンル:乳酸菌飲料
初回購入価格:1,225円
続けやすさ:★★☆
コンテンツ一覧
▲PAGETOP